湘南邸園文化祭は今年で8年目を迎えます。さまざまな催しを行いますので、ぜひ会場まで足をお運びください。催しの詳細につきましては、各会場の記事、湘南邸園文化祭ガイドブック及びイベントカレンダーをご覧ください。

「湘南邸園文化祭2013」のガイドブックは
↓こちらから↓

湘南邸園文化祭2013ガイドブック(PDF)
stf2013guidebook_s_h01.jpg

■イベントカレンダーはこちら(PDF)■

各会場の記事は、下記リンクからどうぞ。
横須賀会場>>
葉山会場>>
逗子会場>>
鎌倉会場>>
藤沢会場>>
茅ヶ崎会場>>
平塚会場>>
大磯会場>>
二宮会場>>
小田原会場>>

2013年08月16日

湘南邸園文化祭2013 藤沢会場

湘南ふじさわ歴史文化めぐり
湘南藤沢文化ネットワークが行う「おとなの遠足」企画より3コースを紹介します。藤沢の歴史文化に触れながら、歴史的建物やまちなみをお楽しみください。

◆おとなの遠足-第12回 「湘南の丘の上のリゾート」
9|8|日|
 事前申込制 小雨決行
※定員に達したため、申込を締め切りました。(9/2追記)

湘南藤沢の丘の上に立地する善行の旧藤澤カントリー倶楽部 跡地の、グリーンハウス(県立体育センター内)と聖園女学院内のゴルフコース跡地をたずね、藤沢に隣接する横浜の旧住友家俣野別邸の庭園を散策し、大鋸の建築家モーガンの旧邸まで歩き、丘の上のリゾートの魅力を探ります。

時間|9:30〜12:00
集合|小田急「善行」駅改札前(9:15集合)
参加費|500円(保険代・資料代)
定員|30人(申込は8月25日から、先着順)※ランチ・ミニレクチャー検討中
申込み|藤沢市藤沢 630-1 蔵まえギャラリー、tel・fax:0466-25-9909、mail:a_whto@yahoo.co.jp
(電話は午前11時から午後5時まで受付けます。それぞれの受付開始前は受付けませんのでご注意ください。)
主催|湘南藤沢文化ネットワーク

◆おとなの遠足-第13回 「旧藤沢宿-まちなかアートめぐり」
10|12|土|
 事前申込制 小雨決行

旧藤沢宿地区の歴史的なスポットや建物をめぐりながら、開催中の「藤沢今昔・まちなかアートめぐり2013」を鑑賞します。新しい試みで夕方スタートのライトアップツアーとなります。
現代アート展示による歴史的景観の保全活用の取り組みを是非、ご覧ください。

時間|17:00〜19:00
集合|小田急「藤沢本町」駅改札前(16:45集合)
参加費|500円(保険代・資料代)
定員|20人(申込は9月25日から、先着順)※別途、ミニレクチャー・懇親会もあります(参加費2,000円)
申込み|藤沢市藤沢 630-1 蔵まえギャラリー、tel・fax:0466-25-9909、mail:a_whto@yahoo.co.jp
(電話は午前11時から午後5時まで受付けます。それぞれの受付開始前は受付けませんのでご注意ください。)
主催|湘南藤沢文化ネットワーク

◆おとなの遠足-第14回 「江の島みちを歩く」
11|16|土|
 事前申込制 小雨決行

現在の藤沢橋周辺は古くから東海道、大山街道、江の島道などが交差する交通の要所でした。今も残る「江の島道標」など往時の名残りをたどりながら江の島詣でに出かけた人々の気持ちになって龍口寺から遊行寺橋まで歩いてみましょう。終点は蔵まえギャラリーです。

時間|10:00〜12:00
集合|江ノ電「江ノ島」駅改札前(9:45集合)
参加費|500円(保険代・資料代)
定員|20人(申込は10月25日から、先着順)※別途、ランチ・ミニレクチャーがあります(参加費1,500円)
申込み|藤沢市藤沢 630-1 蔵まえギャラリー、tel・fax:0466-25-9909、mail:a_whto@yahoo.co.jp
(電話は午前11時から午後5時まで受付けます。それぞれの受付開始前は受付けませんのでご注意ください。)
主催|湘南藤沢文化ネットワーク


旧モーガン邸で楽しむ藍染体験
11|8|金|
 事前申込制 雨天開催

毎年、蔵まえギャラリーから講師を招いて藍染体験会をおこなっています。初心者もリピーターも歓迎いたします。楽しみにして下さる方のために、素材も基本の布以外に、追加で染められるように各種用意いたします。
秋の一日をモーガン邸庭園でゆったりとお過ごしください。

時間|10:30〜14:30
会場|旧モーガン邸庭園(藤沢市大鋸1122)
参加費|1,000円
定員|30名(10:30の部15名、13:00の部15名)
申込み&お問合せ|mail:ZUB11202@nifty.com  fax:0466-25-2076 申込の際お名前と連絡先をお知らせください。
主催|NPO法人旧モーガン邸を守る会


グリーンハウス物語・第14話 講演会&ビデオ上映&秋のコンサート
11|9|土|
 事前申込制 雨天開催

「グリーンハウス」は、高名な建築家アントニン・レーモンドの設計により昭和7(1932)年に旧藤澤カントリー倶楽部のクラブハウスとしてゴルフ場と共に建設された南欧風の80年を経た歴史的建造物です。ゴルフ場は関東一の眺望を誇り、当時の著名人が交流する華麗な舞台となりました。一方、今年で創立100年を迎える『東京ゴルフ倶楽部』(当時朝霞、現狭山)も当時アリソンが設計、レーモンドがクラブハウスを設計しました。兄弟コースとも言える同倶楽部の理事で広報委員長の
水野勝之氏をお招きして、日本のゴルフと名門ゴルフ場の歴史とエピソードなど「グリーンハウス」の旧ラウンジでお話を伺います。ビデオ、藤沢の「百年名家」とお馴染みのコンサートもお楽しみ下さい。

時間|14:30 ビデオ鑑賞「藤沢の百年名家」
15:15 講演会 「日本のゴルフと東京ゴルフ倶楽部」
       講師 水野 勝之氏
       東京ゴルフ倶楽部 理事 広報委員長
(編纂室委員、100周年記念誌編纂担当)
16:20 「コンサート」歌と演奏 アンサンブル・アモーレ
17:30 懇親会「有志、会費制(実費)」
会場|県立体育センター内「グリーンハウス」
参加費|無料 (ご希望の方に資料を頒布します)
定員|120名
申込み&お問合せ|11月2日まで faxまたはメールにて fax:0466-82-0517、hidemiyata@nifty.com (宮田)
主催|善行雑学大学


旧モーガン邸のための講談会
11|17|日|
 事前申込制 雨天開催

藤沢市大鋸在住の講談師一龍斎春水さんが、新作「講談モーガン邸」を口演してくださったのが2006年の邸園文化祭です。初演から7年、再建の糸口を模索し続ける守る会に勇気と元気を、そして在りし日のモーガン邸を知らない方々にもその魅力が伝わるよう、再び口演してくださいます。
演目は「モーガン邸物語」「杉山和一苦心の管鍼」

時間|13:00〜15:30
会場|遊行寺信徒会館(藤沢市西富1-8-1)
入場料|2,000円(床座)、2,200円(イス席)
定員|150名
申込み&お問合せ|mail:ZUB11202@nifty.com、fax:0466-25-2076 申込の際お名前と連絡先をお知らせください。
主催|NPO法人旧モーガン邸を守る会


国登録有形文化財−旧後藤医院で聴く親と子の長唄演奏会
11|23|土・祝|
 雨天開催

昭和初期の木造医院で現在でも学ぶところの多い建造物です。そこの和室で六四次三味線塾の子供たちと親が長唄の名曲(越後獅子や勧進帳)を抜粋してお聞かせします。同時に特徴ある建物内部をご案内いたします。

時間|第一部 11:30〜 第二部13:30〜
会場|旧後藤医院(現・鵠沼橘市民の家)
参加費|無料
定員|各回20名程度
申込み|当日直接会場にお越しください。
お問合せ|tel:080-1211-7726(そしろだ)
主催|鵠沼の緑と景観を守る会


湘南邸園文化祭2013ガイドブックはこちら(PDF)
posted by stf at 00:00| Comment(0) | 藤沢会場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

湘南邸園文化祭2013 鎌倉会場

キックオフイベント 北鎌倉明月荘県民協働事業協定締結記念
北鎌倉明月荘「お月見野外コンサート」
薩摩琵琶と篠笛コラボレーション
9|21|土|
 事前申込制 雨天開催

邦楽を通じ日本の伝統文化の親善大使として各国で活躍されているおふたりは明月荘再公開にいちはやく賛同してくださいました。笛は風を琵琶は水を表す楽器といわれます。竹と蝋燭による幽玄な会場しつらえの中満月を待ちつつ聞く幻想的な和楽器の世界をおたのしみください。
演奏終了後、ご希望の方にはお抹茶のご接待もあります。

時間|17:00〜19:00
会場|北鎌倉明月荘
演奏者|坂麗水(琵琶)、福原道子(篠笛)
参加費|3,000円(当日)
定員|40名(申込先着順)
申込み&お問合せ|往復葉書、fax又はメールに申込者全員の@氏名A住所B電話番号をご明記の上下記のいずれかで。
住所:〒247-0062 鎌倉市山ノ内232−110 川上方
fax:0467-46-4671 or 045-335-7411、mail:kanagw_juku@yahoo.co.jp
主催|神奈川まちづかい塾、北鎌倉明月荘の会
共催|鎌倉邸園文化クリエイション
後援|神奈川県・鎌倉市


北鎌倉明月荘「外国人奏者によるお月見野外コンサート」
琴と尺八コラボレーション
10|19|土|
 事前申込制 雨天開催

シカゴ出身の琴奏者のカーティス・パターソンは外国人で初めてNHK邦楽技能者育成会卒業、ロスアンジェルス出身の尺八奏者ブルース・ヒューバナーは、外国人で始めて東京藝術大学邦楽修士課程に入学、首席で修了という経歴の持主。2006年より二人でデュオを組み演奏会活動を展開、東日本大震災被災地訪問ステージも続けています。日本語による軽妙な語りも魅力です。
演奏終了後、ご希望の方にはお抹茶のご接待もあります。

時間|17:00〜19:00
会場|北鎌倉明月荘
参加費|3,000円(当日)
申込み&お問合せ|往復葉書、fax又はメールに申込者全員の@氏名A住所B電話番号をご明記の上下記のいずれかで。
住所:〒247-0062 鎌倉市山ノ内232−110 川上方
fax:0467-46-4671 or 045-335-7411、mail:kanagw_juku@yahoo.co.jp
定員|40名(申込先着順)
主催|神奈川まちづかい塾、北鎌倉明月荘の会
共催|鎌倉邸園文化クリエイション
後援|神奈川県・鎌倉市


秋風わたる北鎌倉明月荘で草笛を吹いてみよう
10|27|日|
 事前申込制 雨天開催

講師の河津先生が明月荘を視察された時の第一声は、「明月荘は楽器の森」でした。明月荘は敷地約
15000u余り、様々な草花、樹木が生きています。どんな植物の葉も楽器になると河津先生は仰います。草笛を吹くと鳥が飛来、上空を旋回し始める様子は絵物語の世界です。大人も子供も、一人でも保護者連れでも、お気軽にご参加ください。

時間|10:30〜12:00
会場|北鎌倉明月荘
講師|河津哲也先生(関東草笛の会代表)
参加費|小学生以上学生500円、保護者と子供一人1,000(当日)
定員|30名(組)(申込先着順)
申込み&お問合せ|往復葉書、fax又はメールに申込者全員の@氏名A住所B電話番号をご明記の上下記のいずれかで。
住所:〒247-0062 鎌倉市山ノ内232−110 川上方
fax:0467-46-4671 or 045-335-7411、mail:kanagw_juku@yahoo.co.jp
主催|神奈川まちづかい塾、北鎌倉明月荘の会
共催|鎌倉邸園文化クリエイション
後援|神奈川県・鎌倉市


北鎌倉明月荘の建物と屋根修復工事の話&抹茶ご賞味
11|2|土|
 事前申込制 雨天開催

茶室もある広大な庭に建つ明月荘は、昭和21年実業家・石橋又義氏の自邸として建てられた平屋の木造住宅です。建物を知ることは、生活文化を知ることに繋がります。明月荘の建物の話を聞きながら昭和の時代の生活文化に思いを馳せてみませんか。
また、今年1月の大雪で屋根損壊の被害が出ましたが無事修復工事が終りました。その工事の顛末もご披露します。きっとご自宅の修理が身近なものになるでしょう。
お話終了後、ご希望の方には茶室でお薄を差し上げます。

時間|13:00〜15:30
会場|北鎌倉明月荘
講師|有里公徳(建築士)、遠藤靖仁(大工棟梁)、島田真弓(建築士)、藤井禎夫(瓦師)
参加費|3,000円
定員|40名(申込先着順)
申込み&お問合せ|往復葉書、fax又はメールに申込者全員の@氏名A住所B電話番号をご明記の上下記のいずれかで。
住所:〒247-0062 鎌倉市山ノ内232−110 川上方
fax:0467-46-4671 or 045-335-7411、mail:kanagw_juku@yahoo.co.jp
主催|神奈川まちづかい塾、北鎌倉明月荘の会
共催|鎌倉邸園文化クリエイション
後援|神奈川県・鎌倉市


北鎌倉明月荘の竹林でお茶を鉄の音響彫刻家・原田和男と共に
11|23|土・祝|
 事前申込制 雨天開催

明月荘には広大な竹林があります。竹林のざわめきと音響彫刻家・原田和男氏の作り出す不思議な鉄の響きとのコラボレーション。一味違った茶の湯の時空を演出、ご体験いただきます。

時間|11:00〜15:00 (1時間おきに席)
会場|北鎌倉明月荘
参加費|3,000円
定員|40名(申込先着順)
申込み&お問合せ|往復葉書、fax又はメールに申込者全員の@氏名A住所B電話番号をご明記の上下記のいずれかで。
住所:〒247-0062 鎌倉市山ノ内232−110 川上方
fax:0467-46-4671 or 045-335-7411、mail:kanagw_juku@yahoo.co.jp
主催|神奈川まちづかい塾、北鎌倉明月荘の会
共催|鎌倉邸園文化クリエイション
協力|和塾白庵
後援|神奈川県、鎌倉市


ハレの間、秋わける/舞台亀時間
9|29|日|
 事前申込制

願の獅子と太鼓、おあとはあいてのお楽しみ…。
知っているようで意外に知らない獅子と、太鼓の音。
古民家・亀時間のハレの間の、ハレの時間を過ごし、いい気分をお持ち帰りください。

時間|13:00〜15:00
会場|ゲストハウス亀時間
参加費|2,500円(小学生500円、幼児無料)茶菓子付
定員|40名(申込先着順)
申込み|tel:0467-25-1166(亀時間)
主催|NPO法人 葉山環境文化デザイン集団


材木座の別荘地時代―夏目漱石『こころ』の舞台を歩く
10|5|土|
 事前申込制 雨天開催

夏目漱石は明治30年夏におよそ1月を材木座にすごしている。この時の経験が後に「こころ」の冒頭、先生とわたしの出会いの場として描かれたと考えられる。明治末から大正初にかけて夏の材木座は文化の尖端であった可能性もある。明治〜大正の記憶をたどりながら材木座地区をゆっくり歩いてみたい。
<コース>材木座九品寺前集合→旧河内屋→材木座の別荘地跡の見学→光明寺→閻魔堂跡→旧モリソン邸跡

時間|10:00〜13:30(材木座で解散予定)
集合場所|10:00 材木座九品寺前集合(鎌倉駅前より循環バスが10分間隔で出ています。九品寺前下車)
案内|島本千也(地理・地域研究者)
参加費|2,500円(軽食含む)当日徴収いたします。
定員|25名(申込先着順)
申込み&お問合せ|tel・fax:0466-34-7100(島本)、mail:cef36690@jcom.home.ne.jp
主催|鎌倉の別荘地時代研究会


大正・昭和初期の装い〜邸宅の中で見るアンティーク着物展〜
10|13|日|
 雨天開催

大正15年、作家里見クが建てた西御門サローネで、同時代(大正から戦前頃まで)のアンティーク着物を展示します。大正〜戦前は、アールヌーボー、アールデコが流行し、大正ロマンが花開いた時代。その斬新なデザインを着物に取り入れ、また、卓越した染色技術や刺繍・織りの技術により、着物が頂点を極めた時代です。
日本が誇る素晴らしい着物の文化を多くの皆さんに知っていただきたいと思っています。

時間|11:00〜17:00
会場|西御門サローネ
参加費|600円(小・中学生は300円) 着物割引100円
お問合せ|kimonopatra@yahoo.co.jp
主催|アンティーク着物愛好会
テーマ|◆春夏秋冬 装いで感じる日本の四季 ◆アールヌーボーとアールデコの装い


八ヶ岳山麓の工房より 山本俊男「ペザント・アート」木工民具展
10|12|土|〜27|日|

ペザント・アート(peasant art=農民芸術)とは、農夫たちが丹念に彫り込んだ木工民具のことです。日本のペザント・アートの第一人者、故林二郎の愛弟子が、八ヶ岳山麓の工房で制作した、暮らしを豊かにする楽しい木彫民具をご紹介します。澤田政廣に仏像彫刻を学んだ山本俊男氏は、旧前田公爵家別邸(現在の鎌倉文学館)の西洋家具の修復を任されたほか、東京芸術劇場ホールのパイプオルガンの木彫を担当しました。

時間|10:00〜17:00 水曜定休 入場無料
会場|銀の鈴ギャラリー(銀の鈴社)
お問合せ|tel:0467-61-1930(水曜定休)
主催|アート&ブックス銀の鈴社


第14回 鎌倉に咲く万葉野の花水彩画展
11|2|土|〜12|火|

鎌倉時代の万葉学者である仙覚は、鎌倉の妙本寺で
『万葉集』を研究、校訂し、その定本が後世に継承され
ました。現存する日本最古の和歌集『万葉集』には、い
までも鎌倉に咲く花々が数多く登場します。
鎌倉在住の野の花画家 阿見みどりが描く『万葉集』に詠
われた野の花の水彩画を、万葉歌とともに展示します。

時間|10:00〜17:00 水曜定休 入場無料
会場|銀の鈴ギャラリー(銀の鈴社)
お問合せ|tel:0467-61-1930(水曜定休)
主催|アート&ブックス銀の鈴社

「ポエムを語ろう」展
11|21|木|〜12|1|日|

古都鎌倉の古民家ギャラリーで、ポエム(詩)の世界を楽しみませんか。全国各地で活躍する詩人たちによるアンソロジーを、子どもからおとなまで、鑑賞した感想とあわせて展示発表します。鎌倉市内の小学校の子どもたちも、いきいきとした感性でポエムを鑑賞しています。

時間|10:00〜17:00 水曜定休 入場無料
会場|銀の鈴ギャラリー(銀の鈴社)
お問合せ|tel:0467-61-1930(水曜定休)
主催|アート&ブックス銀の鈴社


古民家サロンお話会「ポエムを語ろう」
11|23|土・祝|
 事前申込制

詩人のみなさま、ポエムの好きな方、ご興味のある方・・・、どなたでも、ぜひ一緒にポエムについて語り合いませんか。おもしろい発見や出会いがあるかもしれません。

時間|14:00〜15:30
会場|銀の鈴サロン(銀の鈴社)
参加費|無料
定員|10名(申込先着順)
申込み|tel:0467-61-1930(水曜定休)
主催|アート&ブックス銀の鈴社


〜映像とフル−トでつなぐ小泉八雲の世界〜 「ハーンが見た明治の鎌倉」
11|9|土|
 事前申込制 雨天開催

※定員に達したため、申込を締め切りました。(9/24追記)

明治23年鎌倉を見聞したハ−ンはその感動を世界に伝えました。往時を物語るお屋敷でハ−ンの眼差しを鎌倉ペンクラブ会員・土谷精作氏がパワ−ポイントと夫人の朗読をはさんで解説します。
八雲ファンで鎌倉出身のフル−ト奏者吉川久子氏の作曲による「八雲の子守歌」などを披露していただきます。懇親会はハ−ンゆかりのお菓子とお茶をいただきながら出演者とおくつろぎください。

時間|13:00〜15:30
会場|鎌倉投信邸
参加費|3,000円(茶菓子代込)
定員|40名(申込先着順)
申込み&お問合せ|tel・fax:0467-32-1650 、mail:inadaxxx@yahoo.co.jp(事務局 稲田)
主催|鎌倉邸園文化クリエイション
共催|鎌倉投信(株)
後援|鎌倉市


鎌倉の別荘地時代を歩く―長谷・由比ガ浜地区―
11|16|土|
 事前申込制 雨天開催

鎌倉は明治期に海浜保養都市として発展した町です。長谷・坂ノ下・由比ガ浜地区の明治・大正時代・別荘地時代はどうだったのだろうか。別荘族にはどのような人々がいたのだろうか。鎌倉の別荘地化はどの程度進んだのだろうか。かつての別荘地時代の残り香を求めて、小さな旅を予定しています。
<コース> 江ノ電長谷駅前集合→三橋旅館跡→旧山本条太郎別荘→その後長谷地区・坂ノ下地区・由比ガ浜地区の旧別荘地帯を歩く→昼(軽)食(若宮荘)→一の鳥居解散

時間|10:00〜13:30
集合場所|10:00 江ノ電長谷駅前(出口は1か所です)
案内|島本千也(地理・地域研究者)
参加費|2,500円(軽食含む)当日徴収いたします。
定員|25名(申込先着順)
申込み&お問合せ|tel・fax:0466-34-7100、mail:cef36690@jcom.home.ne.jp(島本)
主催|鎌倉の別荘地時代研究会


湘南邸園文化祭2013ガイドブックはこちら(PDF)
posted by stf at 00:00| Comment(0) | 鎌倉会場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

湘南邸園文化祭2013 逗子会場

古民家でかいまみる向田作品と戦前の暮らし
逗子小坪の築76年の古民家でなつかしい昭和のドラマをみませんか?
10|20|日|・11|10|日|
 事前申込制 雨天開催

1981年不運にも航空機事故で亡くなった向田邦子作の名ドラマが背景と共によみがえる、昔の家族のあり方をかんじてみませんか?
鑑賞作品:隣の神様 父の詫び状


時間|14:00〜17:00
会場|T邸
参加費|2,000円(向田レシピからつまみ3品とワンドリンク(ビールorワイン)又は、お抹茶とシフォンケーキ付き)
定員|各回10名(申込先着順)
申込み|tel:080-3669-7556(竹田)
主催|NPO法人 葉山環境文化デザイン集団



文化財住宅で聴く「平家物語」
10|26|土|
 事前申込制 雨天開催


平家最後の嫡男六代御前の処刑が行われた御最期川(別名、田越川)の畔、110余年の歴史を持つ登録有形文化財長島孝一邸で“平家物語”を終段の「六代斬られ」も含め、薩摩琵琶の名手古沢史水、樋渡蓬水両氏の演奏で聴きます。併せて、建物の説明と登録有形文化財活用保存の意義について、建築家長島孝一氏と語ります。
又地元の歴史家金子省治氏に「平家物語と逗子・葉山」の話も伺います。


時間|13:45〜16:30(13:30「富士見橋」バス停前集合)
会場|長島孝一邸
定員|40名(申込先着順)
参加費|2,500円(お茶とお菓子つき)
申込み&お問合せ|fax:046-873-7786(長島)、mail:zushi@forward-good.com(原)
申込締切|10月19日(土)
主催|NPO法人逗子の文化をつなぎ広め深める会
後援|逗子市/逗子市教育委員会



逗子の別荘邸園を散策し、独歩・蘆花・鏡花の描写した逗子を読む
11|30|土|
 事前申込制 雨天開催


逗子には、明治以来、近代日本の代表的文学者達が居を構え、逗子を舞台にした多くの名作を産んできました。旧藤瀬・脇村邸や旧徳川別邸などの邸園を訊ねるとともに、国木田独歩・徳富蘆花・泉鏡花の逗子での足跡を巡りつつ、彼らが描いた逗子の自然や風物を読み、改めて逗子の魅力を味わいたいと思います。

【散策コース】旧藤瀬・脇村邸→旧徳川別邸→文学作品観賞会場:蘆花記念公園休憩所

時間|13:00〜16:00(13時逗子市役所正面玄関前集合)
定員|30名(申込先着順)
参加費|1,000円(資料代・お茶代を含む)
申込み|mail:katsuya.yamamoto@jcom.home.ne.jp、fax:046-875-1772(山本)
お問合せ|tel:080-5096-1385(山本)
主催|NPO法人逗子の文化をつなぎ広め深める会
後援|逗子市/逗子市教育委員会


湘南邸園文化祭2013ガイドブックはこちら(PDF)
posted by stf at 00:00| Comment(0) | 逗子会場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。